男と女の毛深い話!

男と女の毛深い為の悲しい出来事、毛深いあるある集です

脱毛サロンあるある

毛が濃くて得した?!

三十代女性です。
私は悲しいことに体毛全般が濃くて、脱毛には苦労してきました。
唯一、毛が濃いメリットがあるとすれば、子供の頃よくまつ毛の長さを褒められたくらいでしょうか。でもそれも、大人になって、マスカラやマツエクでいくらでも盛れるようになると、大した利点でもなくなりました。
毛が濃いってデメリットばかり……そう思っていましたが、この間、もう一つのささやかなメリットを見つけたんです!
私が最終的にたどりついた脱毛方法は、医療レーザー脱毛でした。剃っても抜いても生えてくる憎っくき毛は、根本から無くすしかない、と考えたのです。
しかし、レーザーを照射する施術って、けっこう痛いですよね(涙)。
毛の薄い場所はそこまで痛くないのですが、毛が濃くて太い場所は息を呑むほど痛いんです。
すね毛の脱毛で痛みに懲りた私は、VIOを脱毛する際、初めて麻酔をお願いすることにしました。
そのクリニックでは、笑気ガスによる麻酔を追加料金で扱っていました。ガスマスクをつけ、ドキドキしながらガスを取り入れるべく深呼吸をすること数回……。
そこには、フワフワと浮くような不思議な感覚が待っていました!
お酒に弱くて酔っ払うより先に気持ち悪くなってしまう私は、その時初めて、「気持ちよく酔っ払う」に近い感覚を味わうことができたのです。
調べてみると、笑気ガスでほろ酔いになる人はいるらしいですね。
もちろん施術が終わってガスの吸入が終わったらあっという間に「酔い」は抜けてしまいましたが、とても面白い体験でした。
毛が濃くてレーザー脱毛をしなければしなかった体験だったので、これは毛が濃くて得した、数少ない出来事でした。
あ、ちなみに施術の痛みは、笑気麻酔のおかげでだいぶ減りましたよ。

-脱毛サロンあるある

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

脱毛サロンでつるつる肌

体毛のないつるつるの肌は女性にとって憧れです。特に、春や夏など温かい季節には自然と肌を露出する部分が増えます。秋や冬は手足を覆う服装で脱毛をしなくてもなんとか服で隠せました。そのため、毎日の体毛の処理 …

悲しき脱毛失敗談

初めて脱毛をしたのは社会人1年目のときでした。 まだそこまでお金もないから1番気になっていたワキ、それからひじ下・ひざ下の3箇所だけを契約しました。 「せっかく通うならももやひじ上も一緒に脱毛したほう …

レーザー脱毛は冬にやるべき!

10月に結婚式をするためにブライダルエステでレーザー脱毛を行いました。 Vラインは下着のラインからはみ出る部分を抜いて処理していました。 ワキ下も同じく抜いて処理していました。 この処理が間違っていま …

脇脱毛の体験

20代前半に、脱毛サロンに通っていました。 脇のレーザー脱毛のコースで、3ヶ月に1回程度、駅前の施設へ足を運んでいました。 はじめは、毛の生え変わりについての説明や施術の注意点など、担当の方から話を伺 …

一番最初から全身コースにしておくのが良かった

お店による脱毛には、様々なコースがあります。体の一部のパーツに限定したコースもあれば、様々な箇所に対するコースもあるでしょう。 後者は、いわゆる全身脱毛などが該当します。 それで前者の一部に対するコー …