男と女の毛深い話!

男と女の毛深い為の悲しい出来事、毛深いあるある集です

悲しい話

毛深い思春期

私は大学生になったタイミングで全身脱毛をしました。大学生になるまで、思春期まっただ中を毛深い身体と共に過ごしてきました。あるあるなのかなと思うことを少し紹介したいと思います。

とりあえず毎日カミソリをするせいで、カミソリに毛が挟まりまくりました。小学生の頃は自分のカミソリなんて買ってもらえなかったので、父のカミソリで自己処理をしていまひた。明らかに父のヒゲとは似ても似つかない太い長い毛がカミソリの刃の間に挟まってしまうこと、あるのではないでしょうか。それを、必死にシャワーの水圧や爪楊枝などで取り除く毎日。たまに指で取ろうとして、切ってしまうこともありました。

あとは、体育座りが大嫌い。体育座りは足を周りの人にさらけ出しまくる体勢です。本当にこれは嫌でした。好きな人がいるような時はなおさらです。体育座りをなるべくしないようにしたり、どうしてもしなきゃ行けないような時は、腕を足の前に組んでなるべく足を見せないようにしていました。しかし、この方法だと腕がノーマークになってしまうんです。いかに毛を見せないか、試行錯誤の毎日でした。

-悲しい話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

脱毛での悲しい失敗談

初めて脱毛をしたのは中学生の時でした。水泳の授業がありわきの毛が気になり、今となっては考えらませんが、ガムテープで処理しました。 ガムテープ処理法は友達がカミソリより毛根から綺麗に抜けるよと教えてもら …

女性の1番毛が濃い部分の剃り忘れ、惨めな1本の脇毛

特に剛毛な両脇下を市販のカミソリで剃っていたのですが、ある時悲しいようなとても恥ずかしい思いをしました。 当時付き合っていた彼氏と、仲の良い友達カップルと4人、ダブルデートという事でディズニーランドへ …

毛深いあるある

私は、20代・女性です。 一般の女性に比べると毛深い方だと思っています。 毎年夏の季節になると、とても憂鬱な気分になります…。 なぜかというと、Tシャツやスカートなどといった、肌を見せる服装をしなけれ …

顔の頬に生えるムダ毛

20歳を越えた頃位から、暫くケアをしないと頬のあたりに産毛が生えるようになりました。その頃は何も気にせずカミソリで剃る程度で暫くは済んでいました。ところが、20代後半になるころには、1日放置するだけで …

脇毛処理の甘さ

夏になると、当然ながら薄着になるので、女性は特にムダ毛が気になるはずです。しかし中には、美意識があるはずなのになぜかムダ毛処理がとても甘い女性もいますよね。 脇の毛を処理したことがないという女性は珍し …