男と女の毛深い話!

男と女の毛深い為の悲しい出来事、毛深いあるある集です

悲しい話

色が白いは七難隠さず

まだ高校生ぐらいの時の話です。普段から色が白いねと言われていたのですがそのせいかむだ毛が目立ってしまい…。思春期だったので今よりもホルモンの分泌も活発だったのか身体中に濃い毛が目立つようになりました。その頃なぜか「剃る」ことをしていることが恥ずかしかったのです。「生まれつきむだ毛が薄いんです。私。」という風にしたくて。そこで、姉がやっていたむだ毛の脱色に挑戦! 姉は私よりもさらに色が白く、とても悩んでいたので、姉もやっているのなら私も…。と。母に見つかるのも恥ずかしかった私は、ファッション雑誌で調べた脱色剤をドラッグストアでコソコソと買い、お風呂のタイミングでいざ挑戦。いくら匂い控えめといっても閉め切った空間での脱色剤の使用は辛いものが。鼻にツンとくるしお風呂の熱気と混ざりあってもう大変。やっとの思いで脱色に成功しました。お風呂から上がって部屋の鏡で遠目から見てみても自然!良かった〜これなら剃らなくても恥ずかしくないぞ。とグンと視野が開けたような気持ちになりました。そして次の日は体育がありました。自信満々に半ズボンと半そでの体操服を着て、外で短距離走の順番を待っていた時。友達がボソッと一言「あれっ…なんか毛光ってない…?」「えっ」見てみたら太陽の光に反射してむだ毛がキラキラと光っていたのです…。室内の光では気付かなかったので一気に恥ずかしくなってしまい…。視野が広がったと思ったのも束の間、選択肢が一つ減っただけだったのでした。。

-悲しい話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

突然のお誘いで脱毛で困惑してしまう

毛深い状態ですと、思わぬお誘いで困惑してしまう事が意外とよくあります。夏場などは、ちょっと気を付けた方が良いでしょう。 どういう事かというと、海に一緒に行くというお誘いが来る事もあるのです。普段から親 …

脇毛処理の甘さ

夏になると、当然ながら薄着になるので、女性は特にムダ毛が気になるはずです。しかし中には、美意識があるはずなのになぜかムダ毛処理がとても甘い女性もいますよね。 脇の毛を処理したことがないという女性は珍し …

毛深い思春期

私は大学生になったタイミングで全身脱毛をしました。大学生になるまで、思春期まっただ中を毛深い身体と共に過ごしてきました。あるあるなのかなと思うことを少し紹介したいと思います。 とりあえず毎日カミソリを …

毛深いあるある

私は、20代・女性です。 一般の女性に比べると毛深い方だと思っています。 毎年夏の季節になると、とても憂鬱な気分になります…。 なぜかというと、Tシャツやスカートなどといった、肌を見せる服装をしなけれ …

足の指の毛、どうしてる?

若い頃、脇、腕、スネは脱毛していましたが、足の指に生えているムダ毛は気にしていませんでした。生えている事は、もちろん気がついていましたがそんなに量が生えているわけではなかったので自然のままにしていまし …